カジノカフェの問題点

繁華街などで見かけるカジノカフェは、ご家庭で楽しむオンラインカジノと大きく異なる点を有しています。その問題点について触れておきましょう。

カジノカフェ逮捕劇について

2006年の2月にカジノカフェにおける逮捕劇が発生しました。逮捕者は運営サイド2名と客2名の合計4名であり、全国初のカジノカフェ逮捕者となってしまったのです。
店側はフィリピンで運営されているオンラインカジノを提供しており、客に対しては違法性に関して問題がないことを謳っていたそうです。客側はその言葉を信じてカジノゲームを楽しんでいたわけですから、とんだとばっちりですね。ただし、客側も1ポイント100円で販売していた事実を分かっていたわけですから、賭博罪が適用されてしまうのも無理はありません。

警察のねらい

今回このような逮捕劇が発生してしまった背景として考えられているのは、カジノカフェによる収益が暴力団関係者に流れている点です。暴力団を壊滅させるためには資金源を断つ必要があり、そのため地道な捜査を続けていたとされているのです。海外のサーバーを利用したオンラインカジノは賭博罪の適用が難しく、暴力団関係者はこうした盲点を巧みについていたのですね。

カジノカフェが利益を上げる仕組み

海外のオンラインカジノと契約できるのは、あくまでカジノカフェということになり、客がカジノゲームに負けた場合には、カジノカフェ運営サイドも損失を出すことになります。ただし、オンラインカジノでは登録や初回入金を済ませることなどでボーナスを受け取ることができますので、この部分を客に渡さないことにより利益を上げていたと考えることができるのです。

インカジとは

みなさんはインカジという言葉を耳にしたことはありますか?これはインターネットカジノの略称ということとなるのですが、日本におきましてインカジはカジノカフェと同義とされています。つまりインカジはオンラインカジノで遊ぶ場所を提供している、裏カジノと同義であると考えたほうが良さそうですね。インカジを楽しむことはそれだけ違法性に対する認識が薄いということになりかねませんので、十分に理解を深めておくことが大切です。

カジノカフェ逮捕劇その後

摘発を受けた店舗の運営業者2名は、その後重い判決を言い渡されています。その内容は常習賭博罪であり、懲役2年執行猶予5年、追徴金1億円以上ですから、代償は非常に大きなものとして、重くのしかかることになるのです。違法な裏カジノを楽しむことは厳に慎まなければなりませんよ。