プレイヤー側だけが自由に選択肢を選べるゲーム

ブラックジャックとは

どこのオンラインカジノでも、カードゲームの中に必ずブラックジャックが用意されています。
これはそれだけブラックジャックの人気が高いからで、ブラックジャックはオンラインカジノの定番ゲームとなっています。

オンラインカジノで遊んだことがない方でも、トランプゲームとしてブラックジャックを遊んだことがあるという方もいらっしゃるでしょう。
ブラックジャックはディーラーと対戦するカードゲームで、持っているカードの合計がディーラーよりも21を超えることなく、21に近づけることができれば勝利となります。

ブラックジャックにおいて2~9まではそのままの数字でカウントし、10~Kまでは10とカウントします。
特に、Aに関しては1または11とカウントすることができます。
Aは2つの数字どちらとしてもカウントすることができるので、ブラックジャックにおいてAは大変重宝されるカードとなっています。

ブラックジャックはプレイヤー、ディーラー共に2枚のカードが配られ、プレイヤーのカードは2枚とも表で、ディーラーのカードは1枚のみ表向きで配られます。
プレイヤーは自分が持っているカードの合計と一枚のみ表向きにされているディーラーのカードから、ディーラーの合計を予想した上でそのまま確定し勝負に出るのか、もう1枚カードを引くのかのを選ぶことができます。
ブラックジャックではこのように、プレイヤーが自分の意思で追加のカードをもらうことができます。

追加のカードはバーストするまでもらい続けることができるので、どこでストップするかはプレイヤーの運と経験にかかっています。
このような運だけではなく、経験や自分の判断が勝敗に大きく影響することから、ブラックジャックは他のカードゲームよりもプレイにおける満足度が大変高いゲームとなっています。

ブラックジャックにおけるディーラーの存在

ブラックジャックはディーラーと勝負するタイプの対戦型のゲームであるため、ブラックジャックへの挑戦を考えている方は、できるだけ弱いディーラーと勝負したいと思うことでしょう。
しかし、ブラックジャックにおいてディーラーが強いか弱いかということは一切関係ありません。
一見すると、同じ条件下でディーラーと真剣勝負をしているように思われますが、実はゲームをプレイしているのはプレイヤーだけで、ディーラーはゲームのルールに則り機械的に行動しているだけです。

プレイヤーがスタンドした後、ディーラーもヒットし追加のカードをもらう場合もよくあります。
プレイヤーと同じようにカードを追加しているので、ディーラーが自分の意思でヒットしているように見えますが、これは各テーブル毎に決められた条件に従いヒットしているだけに過ぎません。

一般的には合計が16まではヒットを続け、17以上はスタンドするというのがディーラー側に指示されている条件です。
時々、ディーラーがバーストすることがありますが、これはプレイヤーの勝とうとしてバーストしたのではなく、指示された条件い従いヒットしバーストしただけのことです。

プレイヤーの合計が20となっている場合でも、17以上はスタンドするという条件が付けられていた場合、合計が17、18、19であったらそれ以上ヒットすることはありません。
このようにブラックジャックはディーラーと対戦するカードゲームですが、ディーラーは能動的に行動することがないので、勝負は常にプレイヤーの方が有利となります。

ブラックジャックで勝った場合配当が1.5倍となる

ブラックジャックはディーラー・プレイヤー互いに同じ数となり、賭けたチップが戻されることもありますが、基本的にはどちらかが勝利することになります。
そのため、勝率1/2のゲームと同じく配当は1倍となります。
しかし同じ勝利でも21のブラックジャックで勝利した場合の配当は1.5倍となります。

ブラックジャックをプレイしたことがない方は、21のブラックジャックは希にしか出ないとそう思われるかもしれません。
しかし、ブラックジャックとなる可能性は意外と高く、特に1にも11にも使えるAを引ければさらにその可能性は高くなります。
ですので、ブラックジャックに慣れていない初心者の方でもブラックジャックを出し1.5倍の配当を得られる可能性は大いにあります。

ブラックジャックには様々な選択肢がある

カードをもう1枚追加してもらうヒットの他にも、ブラックジャックには様々な選択肢があります
そうした様々な選択肢を上手に使うことでゲームを有利に進めることが可能となるので、ブラックジャックを始める前にどのような選択肢があるか知っておくとよいでしょう。

ブラックジャックで使える選択肢の1つがダブルダウンです。
ダブルダウンはカードが配られた後に、ヒット1回を条件にベット額を倍にして勝負できるものです。
必ず勝てると自信を持てる場合には、このダブルダウンを使うことによってさらに大きな利益を狙いにいくことができます。

そしてブラックジャックにはサレンダーという勝負を放棄できる選択肢もあります。
サレンダーはベット額の半分を譲ることでゲームを放棄できます。
ディーラーにAがあり、自分の手にAも絵札もないような場合にはサレンダーの使用を考えてみましょう。

また、ディーラーの表向きのカードがAだった場合、インシュランスという選択肢を使うかどうかを尋ねられます。
インシュランスとはディーラーがブラックジャックだった場合の保険的な機能です。
ベット額の半分をディーラーがブラックジャックだった場合に賭けることができます。

ディーラーがブラックジャックとなった場合、初めに賭けたベッド額は失いますがトータル的にプラスマイナス0で勝負を終えることができます。
ですが、ブラックジャックではなく、ディーラーが勝利した場合は元のベット額に加えて、ブラックジャックの場合に賭けたベット額の半分も失うことになるので、インシュランスを使う場合はそうしたより損失が大きなリスクもあるということを理解して使うようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です