プレイヤー側だけが自由に選択肢を選べるゲーム

ブラックジャックとは

どこのオンラインカジノでも、カードゲームの中に必ずブラックジャックが用意されています。
これはそれだけブラックジャックの人気が高いからで、ブラックジャックはオンラインカジノの定番ゲームとなっています。

オンラインカジノで遊んだことがない方でも、トランプゲームとしてブラックジャックを遊んだことがあるという方もいらっしゃるでしょう。
ブラックジャックはディーラーと対戦するカードゲームで、持っているカードの合計がディーラーよりも21を超えることなく、21に近づけることができれば勝利となります。

ブラックジャックにおいて2~9まではそのままの数字でカウントし、10~Kまでは10とカウントします。
特に、Aに関しては1または11とカウントすることができます。
Aは2つの数字どちらとしてもカウントすることができるので、ブラックジャックにおいてAは大変重宝されるカードとなっています。

ブラックジャックはプレイヤー、ディーラー共に2枚のカードが配られ、プレイヤーのカードは2枚とも表で、ディーラーのカードは1枚のみ表向きで配られます。
プレイヤーは自分が持っているカードの合計と一枚のみ表向きにされているディーラーのカードから、ディーラーの合計を予想した上でそのまま確定し勝負に出るのか、もう1枚カードを引くのかのを選ぶことができます。
ブラックジャックではこのように、プレイヤーが自分の意思で追加のカードをもらうことができます。

追加のカードはバーストするまでもらい続けることができるので、どこでストップするかはプレイヤーの運と経験にかかっています。
このような運だけではなく、経験や自分の判断が勝敗に大きく影響することから、ブラックジャックは他のカードゲームよりもプレイにおける満足度が大変高いゲームとなっています。

ブラックジャックにおけるディーラーの存在

ブラックジャックはディーラーと勝負するタイプの対戦型のゲームであるため、ブラックジャックへの挑戦を考えている方は、できるだけ弱いディーラーと勝負したいと思うことでしょう。
しかし、ブラックジャックにおいてディーラーが強いか弱いかということは一切関係ありません。
一見すると、同じ条件下でディーラーと真剣勝負をしているように思われますが、実はゲームをプレイしているのはプレイヤーだけで、ディーラーはゲームのルールに則り機械的に行動しているだけです。

プレイヤーがスタンドした後、ディーラーもヒットし追加のカードをもらう場合もよくあります。
プレイヤーと同じようにカードを追加しているので、ディーラーが自分の意思でヒットしているように見えますが、これは各テーブル毎に決められた条件に従いヒットしているだけに過ぎません。

一般的には合計が16まではヒットを続け、17以上はスタンドするというのがディーラー側に指示されている条件です。
時々、ディーラーがバーストすることがありますが、これはプレイヤーの勝とうとしてバーストしたのではなく、指示された条件い従いヒットしバーストしただけのことです。

プレイヤーの合計が20となっている場合でも、17以上はスタンドするという条件が付けられていた場合、合計が17、18、19であったらそれ以上ヒットすることはありません。
このようにブラックジャックはディーラーと対戦するカードゲームですが、ディーラーは能動的に行動することがないので、勝負は常にプレイヤーの方が有利となります。

ブラックジャックで勝った場合配当が1.5倍となる

ブラックジャックはディーラー・プレイヤー互いに同じ数となり、賭けたチップが戻されることもありますが、基本的にはどちらかが勝利することになります。
そのため、勝率1/2のゲームと同じく配当は1倍となります。
しかし同じ勝利でも21のブラックジャックで勝利した場合の配当は1.5倍となります。

ブラックジャックをプレイしたことがない方は、21のブラックジャックは希にしか出ないとそう思われるかもしれません。
しかし、ブラックジャックとなる可能性は意外と高く、特に1にも11にも使えるAを引ければさらにその可能性は高くなります。
ですので、ブラックジャックに慣れていない初心者の方でもブラックジャックを出し1.5倍の配当を得られる可能性は大いにあります。

ブラックジャックには様々な選択肢がある

カードをもう1枚追加してもらうヒットの他にも、ブラックジャックには様々な選択肢があります
そうした様々な選択肢を上手に使うことでゲームを有利に進めることが可能となるので、ブラックジャックを始める前にどのような選択肢があるか知っておくとよいでしょう。

ブラックジャックで使える選択肢の1つがダブルダウンです。
ダブルダウンはカードが配られた後に、ヒット1回を条件にベット額を倍にして勝負できるものです。
必ず勝てると自信を持てる場合には、このダブルダウンを使うことによってさらに大きな利益を狙いにいくことができます。

そしてブラックジャックにはサレンダーという勝負を放棄できる選択肢もあります。
サレンダーはベット額の半分を譲ることでゲームを放棄できます。
ディーラーにAがあり、自分の手にAも絵札もないような場合にはサレンダーの使用を考えてみましょう。

また、ディーラーの表向きのカードがAだった場合、インシュランスという選択肢を使うかどうかを尋ねられます。
インシュランスとはディーラーがブラックジャックだった場合の保険的な機能です。
ベット額の半分をディーラーがブラックジャックだった場合に賭けることができます。

ディーラーがブラックジャックとなった場合、初めに賭けたベッド額は失いますがトータル的にプラスマイナス0で勝負を終えることができます。
ですが、ブラックジャックではなく、ディーラーが勝利した場合は元のベット額に加えて、ブラックジャックの場合に賭けたベット額の半分も失うことになるので、インシュランスを使う場合はそうしたより損失が大きなリスクもあるということを理解して使うようにしましょう。

日本人初心者にうってつけのカジノ

24時間いつでも日本語で対応してもらえる

高いペイアウト率やジャックポットの高額配当など、オンラインカジノには魅力的な部分が多くあり、そうした魅力に惹かれてオンラインカジノを始めてみようと考えている方も多くいらっしゃると思います。
しかし、オンラインカジノを始めようと思っても、すんなりとすぐに始められる方は少ないでしょう。
なぜなら、オンラインカジノは現在世界に2千以上もあるからです。

オンラインカジノはそのカジノごとにゲームの種類が違えば、入出金方法も違いますし、サポートの対応もまったく違います。
初めてオンラインカジノを始める際は、まずは安心してゲームをプレイ出来るオンラインカジノを選ぶのが一番です。
その安心して遊べるオンラインカジノとして紹介したいのがジパングカジノです。

ジパングカジノはフィリピンに拠点を置くオンラインカジノです。
創業は2005年で、オンラインカジノの中でも老舗の1つとして知られています。
数あるオンラインカジノの中でもジパングカジノは完全に日本語に対応している唯一のカジノです。

ジパングカジノという名を聞いて想像が付くかもしれませんが、ジパングカジノは日本人をターゲットにしてスタートしたオンラインカジノです。
今では日本語に対応しているオンラインカジノも多くありますが、2005年当初はほとんどオンラインカジノが日本語に対応していませんでした。
ジパングカジノはオープン時から日本人スタッフによる日本語対応サポートを行っていて、当時はインターネットの掲示板などで話題のオンラインカジノとしてその名を馳せていました。

24時間いつでも日本語で対応してもらえる

オンラインカジノはゲームもそうですが、入出金に関しても基本的にインターネット経由となります。
銀行から海外送金という方法もありますが、手間がかかるうえに手数料が高く付いてしまいます。
現在のオンラインカジノへの入出金はエコペイズ等の電子決済サービス等を使用するのが一般的となっていますが、こうした電子決済に慣れていない方はその使用に不安を感じることでしょう。

ジパングカジノは24時間日本での電話、チャット、メールでの対応を受け付けていますので、一番大切なお金のことで困ってもすぐにその場で問題を解決することができます。
もちろん、ゲームの遊び方など基本的な部分に関しても丁寧に教えてもらえますので、初めてのオンラインカジノにはジパングカジノがおすすめです。

安全・信頼の証であるライセンスの保有と外部への監査依頼

オンラインカジノはその運営を始めるにあたり政府発行の運営ライセンスが必要となります。
ジパングカジノは拠点を置くフィリピン政府発行のライセンスに加えて、イギリス領マン島のラインセンスも保有しています。
この運営ライセンスも発行する国により取得の難しさが違ってきます。
審査よりもライセンス発行料金を重要視しているところもあれば、運営を申し込む企業のこれまでの経歴や資金力、背後関係などを厳しく調べるところもあります。

安全・信頼の証であるライセンスの保有と外部への監査依頼

当然ですが、厳しい審査を必要とするライセンスを持っているオンラインカジノの方が信頼性が増します。
オンラインカジノを身近に感じているヨーロッパなどでは、保有しているライセンスからオンラインカジノ選びを行う方も多くいます。
ジパングカジノが保有しているマン島のライセンスはいくつもあるオンラインカジノのライセンスの中でもかなり上位に位置するものです。
マン島のライセンスを保有しているというただそれだけでもジパングカジノは信頼できるオンラインカジノだと言えます。

そして、ジパングカジノでは外部の会計監査機構に毎月監査を依頼しています。
外部監査機構の監査は自社で自ら監査を行うよりも、厳しくチェックされることになるので、サービスの質を落とすことなく、常に高い質のサービスを維持できているという証になります。

世界に2千以上あるオンラインカジノの中には残念ながら悪質と呼べるオンラインカジノも存在します。
入金が上手く反映されなかったり、自分のタイミングで出金することが出来なかったり、最悪の場合、ログインすることさえできず、出金することがまったくできなかったというケースも過去にはありました。
オンラインカジノに慣れてくれば、どういったオンラインカジノが安全かということが自然とわかってきますが、初めのうちは探り探りとなるので誤って悪質オンラインカジノを利用してしまうかもしれません。
こうした安全、信頼の面においてもジパングカジノは安心することができます。

フラッシュ版が用意されているのでサクサク楽しめる

フラッシュ版が用意されているのでサクサク楽しめる

オンラインカジノは基本的にソフトをダウンロードして遊ぶことになります。
しかし、容量がそこそこ大きいためダウンロードにはそれなりの時間がかかりますし、事あるごとにアップデートも必要となります。

ところがジパングカジノでは、ダウンロード版だけではなく、フラッシュ版も用意しているので、自分の遊ぶ環境に合わせてどちらかを選ぶことができます。
手軽に遊びたい方はフラッシュ版を選ぶと良いですし、オンラインカジノ自体を深く楽しんでみたいという方はダウンロード版を選択すると良いでしょう。
このようなプレイヤーの環境に合わせた配慮もまたジパングカジノを初めてのオンラインカジノにおすすめする理由です。

ブラックジャックの勝負所

ブラックジャック

オンラインカジノのブラックジャックはバースト率高め?

リアルのブラックジャックは人対人の読み合いになりますので、なかなか相手がバーストすることはありません。こまめに調整している人も多いですし、ディーラーもプロ級ですので、積極的にカードを引いてこない傾向があります。しかしオンラインカジノの場合は、層とは限らない傾向が強いのです。

カジノの設定によりカードを引く傾向が強い

ブラックジャックは、オンラインカジノが用意しているソフトウェアによって管理されていて、プログラムによってオンラインカジノは固定された動きを進めています。オンラインカジノに提供している会社により、若干ですが違いを持っている部分はありますが、カードを引く傾向がやや強いことには変わりありません。21を作ったほうが、ディーラーとしては勝ちやすいために、リスクを背負ってでも引いてくる傾向もあります。
設定上、流石に20や19でカードを引いてくるような状況はありませんが、15くらいなら引いてくるオンラインカジノもあります。ブラックジャックの設定状況によって変わるので、もしかしたらディーラー側がバーストして、自滅によって利益を得られるようになります。確実に21を作るよりも、ちょっと近い数字で抑えていたほうが勝てるチャンスが生まれます。
ライブゲームではよりその傾向が強くなっています。ディーラーとされている人も、実は素人が行っている傾向が多いので勝ちやすいのです。その道のプロが行っているならかなり難しいものの、オンラインカジノのディーラーなら案外勝ちやすいかもしれません。

バースト率が高いのはプレイヤーも気をつけたい

気にしたいところは、自分もバーストするか確率が高くなっているので、無理をしてカードを引かないことです。ブラックジャックの鉄則として、22以上にならないように調整しないと、負けが確定してしまいます。オンラインカジノの場合は、理不尽な数字が出てくる可能性も高いので、10が出てこなければ大丈夫というところで、普通に10が出てくることもあります。
バースト率が高いのは、普通のカジノよりも高い傾向にあるので、なるべくブラックジャックをプレイしている場合には、数字に注意して行ってください。特に大金を賭けている場合には、確定で負けてしまう状況を作らないためにも、数字は抑え気味に考えたいところです。

バーストしやすいブラックジャック

手役が悪いときほど考えよう

数字の合計が悪い状態となっている場合、より考えていく力が求められます。ブラックジャックは、高い数字を最初から持ってくれば勝ちやすいですが、意外と負けるような数字も多数配置されます。10以下になっているならわかりやすいものの、中途半端な15などは難しい状況となっているので、数字を理解しながら勝負していく形になるでしょう。

数字が悪いときはブラックジャックの読みが大事

数字が悪いと思っている時には、ブラックジャックでどのような方法を取れば勝てるのか、相手の数字を読みながら考えていくといいでしょう。数字が高いと判断すれば、負けても仕方ないと思ってカードを引いてください。高い数字にならないことには、ブラックジャックでは勝てない状況となってしまいます。より高い数字を狙いたいと思っている時に、自分の現時点での数字が中途半端だったとしても、勝つための手法を先に考えるのです。
同時に検討したいのは、バーストするリスクが高いのかどうかです。11以下ならバーストすることはありませんが、12以上だと何かしらのリスクがあります。高いリスクを背負っていくよりも、低いリスクでカードを引けるか検討しながら、最終的に20に近づけるような形にしておきましょう。21になるかどうかは、運もかなり絡んでくるからです。
残されている数字を把握しておくのもいい方法です。オンラインカジノのブラックジャックは、数字をメモしてもわかりませんし、相手が確認する方法もありません。ライブゲームでも同じことですが、ブラックジャックの数字をしっかり把握してから、勝負を考えることはいい方法です。

オンラインカジノの場合はリスク覚悟で引いても良い

ブラックジャックで、人と人とが勝負している場合は、あまりカードを引かないほうが良いかもしれません。相手にプレッシャーをかけやすいからです。オンラインカジノの場合は、ブラックジャックはシステムによって管理されている部分もあります。勝手に相手がカードを引いてしまうので、プレッシャーを掛けることができません。
リスク覚悟で引いて、少しでも上位に入るような数字を狙っていくのが望ましいです。数字を増やしていくことが何よりも大事であると考えて、高い勝率に近づけるようにしましょう。リスク覚悟で引いてもいい場面は当然あります。特に高い数字を相手が持っていると判断しているなら、バーストすることは覚悟の上でカードを引いたほうが良いです。